• HOME
  • >
  • BlogTOP
  • >
  • 限定発売・ヨーロッパ産 最高級オーガニックアプリコット(杏子)オイルの魅力

限定発売・ヨーロッパ産 最高級オーガニックアプリコット(杏子)オイルの魅力


ヨーロッパ産 最高級オーガニック アプリコット スキンケアオイル「アーンユ」
<リルココから300個のみの限定発売> 杏子の恵みを 特別価格でリルココのお客様へ

apricotoil_2

アプリコットオイルは、「若さの脂肪酸」と言われるパルミトレイン酸を始め、リノール酸、オレイン酸、パルミチン酸といった高級脂肪酸が豊富に含まれています。お肌の細胞に若々しい潤いをもたらす美容成分です。

apricot-slices1

プリコット(杏子)とは

杏子の種の中にある杏仁は、昔から咳止め、去痰、喉の痛みの漢方薬として使われてきました。その杏仁を絞ってできたものが、アプリコットオイルです。このオイルはスキンケアオイルとしてフランスの高級エステで使われるようになりました。特に女性が気になる顔や首のブツブツ、ボツボツ、ザラザラに効果があると言われています。また加齢や紫外線で失われていくものを補う貴重なオイルです。

このオイルの生産地は、南フランスと地中海の周りの国々で採れたものです。30mlは、杏仁の200個分。低音圧搾、一番搾りの貴重なオイルです。ぜひ化粧品を付けた後に使用してみてください。

非常に奥深いアプリコットオイルの歴史

杏子はもともと中国から世界に渡って行きました。農家の娘さんが結婚するとき、杏子の木を嫁ぎ先に持って行ったそうです。杏子は医者いらずの木と言われています。腕の良い医者の庭には杏子の木が沢山あったそうです。杏仁は上皮のトラブルを無くし、喉のトラブルも杏仁で直ったそうです。また杏仁豆腐を食べた後に中国では杏子をよく食べたそうですが、毒消しの意味もあったとのこと。そん歴史もあって杏仁を使ってスキンケアオイルを作りました。もともとこのオイルに目を付けたのはフランスです。ウベキスタンとその近くの国々では杏子を乾燥させて売っていましたが種は捨てられていたそうです。杏仁から抽出されるオイルが、皮膚を艶やかにするのを発見して高級エステで使ってみたところとても効果があったため、殆どがフランスに売られて行きました。今でもヨーロッパで生産されたものは日本には中々入ってきません。

使用方法

ローションをたっぷりつけた後、肌が濡れているうちにオイルを手のひらに一滴取って全体に薄く延ばしてマッサージしてください。肌の上でローションと乳化して潤いの保湿膜が作られます。乾燥や紫外線からあなたのお肌を守ります。(朝はメークアップ代わりにもなります)

アプリコット(杏子)の効能について
杏子の種の中にある杏仁は、昔から咳止め、去痰、喉の痛みの漢方薬として使われてきました。その杏仁を絞ってできたものが、アプリコットオイルです。このオイルはスキンケアオイルとしてフランスの高級エステで使われるようになりました。特に女性が気になる顔や首のブツブツ、ボツボツ、ザラザラに効果があると言われています。また加齢や紫外線で失われていくものを補う貴重なオイルです。

このオイルの生産地は、南フランスと地中海の周りの国々で採れたものです。30mlは、杏仁の200個分。低音圧搾、一番搾りの貴重なオイルです。ぜひ化粧品を付けた後に使用してみてください。

(今回リルココでは、オーガニックアプリコットオイルを300個限定で販売いたします。ご購入のお客様には、先着100個でアプリコットの洗顔フォームも同梱いたします。杏子の恵みをぜひお堪能ください。)*洗顔フォームはなくなり次第他の商品に代えさせていただきます。ご了承ください。


Blog

習慣は、楽園への第一歩。